注意!
お使いのブラウザの設定で、JavaScriptを有効にしてください。
詳しくは、 「こちら」 をご参照して下さい。
ポータルサイト TasteReal accimg.cgi
| トップページ | ご利用ガイド | お問い合わせ 店舗概要  | 相互リンク  | サイトマップ  |
  Java Scriptを有効にする方法  
お客様がご使用のOSやブラウザのバージョンにより、設定方法が異なります。
OSおよびブラウザのバージョン  
1.Windows版 Internet Explorer 8.x
2.Windows版 Internet Explorer 7.x
3.Windows版 Internet Explorer 6.x
4.Windows版 Internet Explorer 5.x

 1. Windows版 Internet Explorer 8.x での設定方法   △目次へ
  ( 0) Internet Explorer のウィンドウ上部に次のような「情報バー」が表示されます。
    「セキュリティ保護のため、このコンピューターにアクセスする可能性のあるス
    クリプトや ActiveX コントロールを実行しないよう、Internet Explorer で制限さ
    れています。オプションを表示するには、ここをクリックしてください…」
  ( 1) 情報バー(表示)の上でクリックします。
  ( 2) 「ブロックされているコンテンツを許可」をクリックします。
  ( 3) 「スクリプトやActiveX コントロールなどのアクティブコンテンツは役に立ちます
    が、コンピューターに問題を起こすものもあります。このファイルでアクティブコ
    ンテンツを実行しますか?」の「はい」をクリックします。
    ただし、一時的にしか許可されません。

 2. Windows版 Internet Explorer 7.x での設定方法   △目次へ
  ( 0) Internet Explorer のウィンドウ上部に次のような「情報バー」が表示されます。
    「セキュリティ保護のため、このコンピューターにアクセスする可能性のあるス
    クリプトや ActiveX コントロールを実行しないよう、Internet Explorer で制限さ
    れています。オプションを表示するには、ここをクリックしてください…」
  ( 1) 情報バー(表示)の上でクリックします。
  ( 2) 「ブロックされているコンテンツを許可」をクリックします。
  ( 3) 「スクリプトやActiveX コントロールなどのアクティブコンテンツは役に立ちます
    が、コンピューターに問題を起こすものもあります。このファイルでアクティブコ
    ンテンツを実行しますか?」の「はい」をクリックします。
    ただし、一時的にしか許可されません。

 3. Windows版 Internet Explorer 6.x での設定方法   △目次へ
  ( 1) 「ツール」 メニューから、 「インターネットオプション」 をクリックします。
  ( 2) 「インターネットオプション」 ウィンドウが表示されます。
  ( 3) 「セキュリティ」 タブをクリックします。
  ( 4) 「Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する」 で 「インターネット」 を選択します。
  ( 5) 「レベルのカスタマイズ」 をクリックします。
  ( 6) 「セキュリティの設定」 が表示されます。
  ( 7) 一覧で、 「スクリプト」 以下にある 3 項目の設定を、全て「有効にする」に変更します。
    「Java アプレットのスクリプト」
    「アクティブスクリプト」
    「スクリプトによる貼り付け処理の許可」
  ( 8) 「OK」 をクリックします。
  ( 9) 「インターネットオプション」 で、 「適用」 をクリックします。
  (10) 「OK」 をクリックします。

 4. Windows版 Internet Explorer 5.x での設定方法   △目次へ
  ( 1) 「ツール」 メニューから、 「インターネットオプション」 をクリックします。
  ( 2) 「インターネットオプション」 ウィンドウが表示されます。
  ( 3) 「セキュリティ」 タブをクリックします。
  ( 4) 「Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する」 で「インターネット」 を選択します。
  ( 5) 「レベルのカスタマイズ」 をクリックします。
  ( 6) 「セキュリティの設定」 が表示されます。
  ( 7) 一覧で、 「スクリプト」 以下にある 3 項目の設定を、全て「有効にする」に変更します。
    「Java アプレットのスクリプト」
    「アクティブスクリプト」
    「スクリプトによる貼り付け処理の許可」
  ( 8) 「OK」 をクリックします。
  ( 9) 「インターネットオプション」 で、 「適用」 をクリックします。
  (10) 「OK」 をクリックします。

| トップページ | ご利用ガイド | お問い合わせ 店舗概要  | 相互リンク  | サイトマップ  |
Copyright(C) TasteReal. All rights reserved.